前へ
次へ

寝方を確認して肩こりの原因を知る

肩こりに悩んでいるが、全く解消をすることができない人は、自分の寝方に問題がないか確認をしてみたほうが良いかもしれません。しっかりと睡眠を取れているはずなのに肩こりの症状が全く良くならないと悩んでいる人は、自分が肩こりを発症してしまうような寝方をしている可能性があります。まず注意をしなくてはならないのがうつぶせで寝る人です。うつぶせで長時間寝てしまうことによって肩に負担がかかってしまい症状を発症するケースがあります。また常に同じ方向を向いて寝ている人も同じように、症状を発症してしまう可能性が高いと覚えておくようにしましょう。自分が寝ているときの向き等はなかなか確認をすることができませんが、寝るときにどの方向を向いているのかを覚えておき、起きた際に自分がどの方向を向いているのか確認をすることによって、どれだけ肩こりに負担をかけているか把握することができます。一人暮らしではない場合は、自分の寝相または寝方などを確認してもらうと良いでしょう。

Page Top