前へ
次へ

肩こりは冷え症と関係があるのか

大人になると、なぜか肩こりに悩まされる人が増えてきます。肩こりの原因は実は一つだけではなくいくつかありますので、どれかに該当しているはずです。例えばストレスがたまっている場合や運動不足の場合そして重たいものを反復して持ち上げた場合などが考えられます。実はこれ以外にも、冷え症の場合に肩が凝るという人も少なくありません。特に女性は冷え症になる人が多いため、肩こりとの関連性も重要になります。なぜ肩が凝ることと冷え性が関係あるかといえば、冷え症になることによって血流が悪くなることが原因です。通常肩の凝りは、血流が悪くなっていることが原因と考えてよいでしょう。例えば普段から運動していなかった人が頻繁に肩の筋肉を使うと筋肉の疲労度が高まり血流が悪くなります。それが肩が凝る原因の一つです。またストレスがたまる場合でも、交感神経と副交感神経のバランスが悪くなり交感神経ばかりが強調されるようになると血流が悪くなるわけです。これと同じように、冷え症の場合もやはり血流が悪くなり肩が凝るとされています。冷え性を治す方法は難しいですが、少なくとも暖かい恰好をしていることが重要でしょう。外に出る時も、なるべく温かい恰好をして外出をしたいものです。直接冷え性を治そう方法はいくつかありますが、一つは運動をすることです。もともと運動していた人が大人になって冷え症になるとすれば、若いころに比べると運動量が減っていることが考えられます。運動といっても激しい運動をする必要はなく、今まであまり歩いていないとすれば、毎日 2キロから3キロぐらいは歩くようにするべきです。食生活のバランスが崩れていることも冷え症になりやすいです。例えば栄養が偏っている場合が原因になっていることもあり得るでしょう。ファーストフードばかり食べている若い人などは、いつの間にか冷え症になり肩がこる可能性も否定できません。この場合には、食生活を改善しより良い生活を送るようにしましょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top